顕微鏡歯科 | 高崎の歯医者なら武井歯科クリニック

顕微鏡歯科

当院は「顕微鏡歯科」の専門医です。

当院は群馬県・高崎市にある歯科医院です。
専門は顕微鏡歯科。
標榜科名としては日本では認められていませんが、欧米(特に米国)では、メジャーです。

私は顕微鏡歯科をはじめてかれこれ10年が経ちますが、歯科治療は全てにおいて顕微鏡を使う必要性があると確信します。

顕微鏡歯科のメリットの1つとしては、「保存できない」と言われた歯を保存し、機能回復(痛くなく噛める様にして)することが本当に可能です。

インプラントにする前に本当にダメなのか、きちんとした診断が可能です。
当院ではインプラント医療やオールセラミックスによる補綴治療、顕微鏡下根管治療、顕微鏡下歯周治療等も積極的に行っていますが、顕微鏡を使って治療すれば、インプラントをする前に保存できる可能性のある歯が沢山あることも事実なのです。

また、普通の口腔内カメラではよくわからない画像や歯の状態も、顕微鏡でみた拡大画像によって、患者さんにも、何故残せないのかを心から納得してもらえると思います。

当院がマイクロスコープを用いた治療にこだわる理由

肉眼でみると横の線にしかみえませんが、拡大するとNIPPONGINKOの文字の羅列であることがわかります。肉眼では不可能ですが、拡大すれば(約20倍)、Gという文字を的確に示すことも可能です。

治療においても見えないものは手の施しようがないのです。

時間をかけてやっていてもなかなか症状が良くならないことが、原因が判明することもあります。
若干時間はかかりますが、原因の究明ができたり、予後が良好なのは、明らかに顕微鏡治療なのです。

私は顕微鏡を使った歯科治療を、以下のように考えます。

「勝ちに不思議な勝ちあり 負けに不思議な負けなし」

これを臨床向きに換言すると

「成功に不思議な成功あり 失敗に不思議な失敗なし」

といえないでしょうか?

よくわからないけど、たまたま上手くいった。そういう経験は誰にでもあると思います。

しかし、それは長続きしません。何故かというと所謂、「エビデンス(根拠・理由)がない」からです。
だから、失敗した理由を考えることすらできません。
印象採得でも何でもそうですが、失敗したものをよく観察することが次への成功の最短の近道だといえると思います。

臨床の上達において一番邪魔なものは、「勘と下手なプライド」だと思っています。 歯科治療において顕微鏡をみるということは、何が大切なことなのか、何が本当のことなのか、 誰のためなのか・・・など・・・ 歯科医療をとおして己の人生をまでも真摯に向かいあうことができることなのだと感じています。

高崎顕微鏡歯科センター(武井歯科クリニック)のご案内

当院の特徴

当院では、2000年から顕微鏡を使用して精密な治療を行っています

現在は、抜歯しないで残すことができる可能性をライフ・ワークとして追及しています。
詳細はお問い合わせ下さい。(担当医:院長)

即時プロビジョナル(SMILEテクニック)が可能です

抜歯したその日にインプラント~仮歯まで入る、抜歯即時埋入、即時プロビジョナル(SMILEテクニック)が可能です。
※基本は前歯に限ります。(担当医:院長)

根面被覆(顕微鏡下)

露出した歯の根を、歯肉で覆って元に戻す治療です。
知覚過敏と診断され、歯の根元や露出した根にプラスティックを充填される前にご相談下さい。
歯を削ったりする必要はありません。(担当医:院長)

舌側矯正(担当:Dr.上條 矯正専門医)

歯の表でなく、裏に矯正装置を装着する方法です。

やはり、日本人には人気があるようです。
当院では、ハーフ・リンガルという、上顎は裏側、下顎は表(唇)側という装置が最も人気があり、これを選択する女性の患者さんが多いです。これですと、下の装置は唇に隠れてあまりみえませんし、上は歯の裏側につける装置ですので、まったく見えません。

上下を裏にすることも可能ですが、上を裏、下を表にすることによって、治療費も安くなります。
ご自分のライフスタイルに合わせて考えることができます。   
※適応がありますので、必ず医院で診断を受けて下さい。

顕微鏡下根管治療

群馬県内では当院が最も早くから顕微鏡治療を行っています。同じ顕微鏡を使っていたとしても、他院の根管治療とは一線を画します。

当院の根管治療の方法は3つ。

  1. 顕微鏡を使った拡大視野での通常の根管治療(担当:院長、一部担当Dr.和田)
  2. 歯の破折やヒビ、穴などを塞ぐ特殊な根管治療(担当:院長)
  3. 顕微鏡を使わない肉眼での保険の根管治療(担当:Dr.和田)

※それぞれ、治療費が異なります。

審美精密補綴治療(顕微鏡下精密歯冠補綴)

顕微鏡下での拡大された視野での虫歯の除去や歯を削ることは肉眼はもってのほか、拡大鏡(ルーペ)でも大きく異なります。
その結果、歯肉を傷つけなかったり、神経を除去しなくてもよかったり、歯を抜かなくてもよかったりというメリットが沢山でてきます。

セラミックスにも種類が様々です。その様々な種類のマテリアル(材料)を様々な状態の異なる歯を考えてチョイスするのが、我々、歯科医師の仕事です。

当院では、患者さんのご要望に対し、それを鵜呑みにして聞き入れることはありません。
材料によって歯を削る量も変わってきます。

セラミックスの歯も、歯や歯肉に対する最適なものを選択できなければ、患者さんが思った結果はでません。この歯や歯肉や噛み合わせはこうだから、Aというセラミックス、この歯や歯肉や噛み合わせはこうだから、Bというセラミックス。そのように選択できるのが本来の歯科医師の役割です。

顕微鏡下歯周治療(担当:歯科衛生士 上田)

群馬県内でたった1人の日本顕微鏡歯科学会認定衛生士の上田さんが担当します。
痛くない、精密・正確な歯周治療です。

根管治療や他の治療と同様、治療後には録画した動画で、今日行ったことや歯周病の状態などを画像(動画)で説明します。
※自由診療

静脈内鎮静法(担当:歯科医師、歯科麻酔医 中島慶治 東京大学病院顎口腔外科)

インプラントや時間が長くかかる治療(主に外科治療ですが、他の治療でも大丈夫です)に、通常の局所(部分)麻酔を併用したうえで、静脈内鎮静法(じょうみゃくない ちんせいほう)という麻酔法があります。痛みや恐怖というのは、音や匂い、時間経験などからも生じます。

静脈内鎮静法では、腕などの静脈から麻酔薬を注射して、眠ったようにする麻酔法です。
目が覚めても、何も覚えていません。インプラントを初めてする患者さんや歯科治療にとても恐怖感をもたれている患者さんには、高い評価を得ています。

また、全身疾患をおもちの高齢者の患者さんにも非常に有益です。    
(血圧などの全身的な管理ができるので)    
※詳細はスタッフにお聞き下さい。    
※静脈内鎮静法は自由診療です。

電話でお問い合わせをされる新患の患者さんへ

治療の詳細については、電話を受けるスタッフによって、知識レベルが異なります。
知識レベルを向上させるように、教育をしていますが、すべてのご質問に正確に答えるには、相当の時間と経験が必要です。ご了承ください。   

また、電話で治療したい部位や内容を伝えられても、正確な事はわかりません。   
歯科治療は、症状や患者さんの希望から、治療する部位の診断が必要です。   

診断は、実際のお口の中の状態、お口の中の写真、レントゲン写真、(場合によってはCT)、歯周組織検査などの”資料”を採取してからでないと、出来ないのが当たり前です。保険治療だけを望まれる患者さんにでも、いらっしゃった、その日に急に治療を始めることは、まずありません。(痛みがある方は別です)

どこの歯科医院に行かれても、写真やレントゲンをしっかり撮られ、それをきちんと診断に用いてくれる。(その結果を自分に提示して説明くれる)。そして、治療法や時間、費用などを検討し、治療のゴールを決め、そこから治療を開始する。それが、良い結果をもたらす、最も大切な事です。

写真もレントゲンも、”記念撮影”で撮影しているわけではありません。
診断のための”非常に重要な資料”なのです。 歯は抜いたら、元に戻りません。
また、削っても元に戻りません。   

当院は、みなさまの歯を守るために、”あきらめない” 歯科医院を目指しています

すべての治療には適応症があります。
どのような症例でもできるというわけにはいきません。
必ず、医院に来ていただき、様々な資料採取をさせていただき、 診断をしてから治療の可否について決定することになります。

Clinical Microdentistry Introduction Course(CMIC)受講希望の先生方へ

2017年の日程が決まりました。詳細は以下のサイトをご覧ください。
また、2017年度の受講生を募集します。前期・後期の開催です。