診療科目 | 高崎の歯医者なら武井歯科クリニック

診療科目

顕微鏡歯科

私は顕微鏡歯科をはじめてかれこれ、10年が経ちますが、歯科治療は全てにおいて顕微鏡を使う必要性があると確信します。 顕微鏡歯科のメリットの1つとしては、「保存できない」と言われた歯を保存し、機能回復(痛くなく噛める様にして)することが本当に可能です。 インプラントにする前に本当にダメなのか、きちんとした診断が可能です。

インプラント

インプラント 上顎前歯インプラント+オールセラムクラウン。
歯を失ってしまった、抜けてしまった部分などの状態の際に、人工の歯根を埋め込む治療を指します。

最近、「インプラント」という言葉は一般的になってきているので、ご存知の方も多いと思います。

ところが、情報や知識というものは、なかなか正確には伝わらないもので、多くの誤解をされている部分があるようです。

審美歯科

審美歯科 色・形・機能、これらのどれが欠けても審美にはなりません。

色だけは白くても、機能を果たすための形があります。
前歯には前歯の形、犬歯には犬歯、奥歯には奥歯の形。
それぞれ違いますが、全て意味があるように、神様が創造した形態です。それを無視したものは審美とはいえません。

矯正治療

矯正治療 本来歯には、力を加えられると力が加えられた方向に移動する性質があります。その性質を利用して、適合する矯正装置を装着、歯に一定の力を持続的にかけて少しずつ動かし、悪い歯並びや噛み合わせ、いわゆる不正咬合を治すのが歯列矯正です。

矯正治療には、非常に御大きく分けて、成人前の矯正治療と成人後の矯正治療があり、目的も方法も大きく異なります。

一般歯科

一般歯科 本来歯には、力を加えられると力が加えられた方向に移動する性質があります。その性質を利用して、適合する矯正装置を装着、歯に一定の力を持続的にかけて少しずつ動かし、悪い歯並びや噛み合わせ、いわゆる不正咬合を治すのが歯列矯正です。

矯正治療には、非常に御大きく分けて、成人前の矯正治療と成人後の矯正治療があり、目的も方法も大きく異なります。

予防歯科

予防歯科 歯は削ったら、ダメになるなどというのは大きな間違い。
齲蝕(虫歯)をきちんと削ってキチントした充填(補綴)物を入れることが最大の予防で、真実は削るということから始まって、きちんとした充填がされていないから、2次齲蝕(虫歯の再発)になるだけだと考えています。

全ては肉眼で治療という作業を行っている歯科医師の視認不足に起因することが多いと考えています。